読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常

ケ・セラ・セラ

自分が出てこない夢だった。バッドエンド。

珍しい夢を見たのですかさず文字に起こしている。 自分が存在しない夢だった。自分は第三者というか、魂だけそこにあって、だからリアルにその場を見ることが出来ているけれど、 自分の体はそこには存在していなかった。 それでどちらかというと男性の視点に…