読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常

ケ・セラ・セラ

ひどく理不尽なことがあってそれでも今日を前向きに生き抜きたい時の自己流ライフハック

diary

万人に共通の効果があるわけはないと思っている。また、自分にしても状況やタイミングによっては効かない時もあるかもしれない。今のところこれはそこそこの効果がいつも得られるので方法としては気に入っている。

もちろん、そんな理不尽に想うようなことが起きないにこしたことはない。

方法

その方法は簡単で、INPUT を多重化する。

多分、なんかもう一つ一つ処理しきれないくらいになって、結果いろいろ考えなく(考えられなく)なり、次第に落ち着いてくるみたいな原理だろうと感じている。

たとえば、

テレビをつけて、アニメでも映画でもいい。普段聴き流すようなものだとそもそも聴こうとせず効果に寄与しない気がしている。それとちゃんと聴こえる音量にする。

それとともに、podcast でも流す。ちゃんと聴けばついていけるけど、ぼーっとしてたら頭に入ってこないようなものを選ぶとよい。その条件を満たすために僕はよく英語の podcast を選択する。

さらに音楽でも流す。どんな音楽かは好みによるだろうけれど、僕はこういうときはメタリカとかが選びやすい。もうとにかく音で埋めといてほしいみたいなことを期待して選んでいる。

それらを聞きながらコード書くでもいいしブログにこういったクソ駄文でも書くのもいい。聴く以外にも何か脳を働かせる必要がある状況が効果的なんだという理解をしている。

そうしていると、聴くもの2つくらいはなんかわかるんだけど3つはよくわからなくなって全部理解しようとかそもそも諦めるような感じになる。 書いているものは諦めないようにする。そっちは進み続けるようにしている。すると次第に集中力が高まってくる。結構な騒音の中な気がするけれど不思議だ。

暫く作業してふと振返るまでの時間、理不尽さを忘れていたら成功だ。成功の確率は高い。自分の場合だけれど。

まあでも、ただ嫌なことを忘れ去るみたいなのが自分は出来なくて、どこかで振返り、もう一度向き合うことを避けられずにいる。 少し間を置いて、一旦冷静になった後で向き合うことを、この方法が可能にしているので使っている。

今だってそうこうしている内に、何にそんなに悩んでいたんだろうって思えている。それできっと、この後振返るんだ。