読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常

ケ・セラ・セラ

人に本を紹介するのって難しいなと思った。もやもやをただ書いた。

人に本を紹介するのって難しいなと思った。ブログとかに書くだけなら、読みたい人は買ったらいいし、そうでなければ買わなければいい。それだけで終わるのだけど。

仕事で関係する人と話をしていて、こういう家庭の問題で困ってる。って話が出た。自分も同じようなことに悩まされたことがあったけれど、そういえば自分はあの時、あの本を読んで学び、実践することで、少しマシな方向に向かうことができたな。と頭に浮かんでいた本があった。

よく関わるような技術者達が相手なら、本ぐらいたくさん読むだろうし、読みたいと思わなければ、技術関係無い本だしスルーする理由もたくさんあるだろうから amazon へのリンクでも貼って気軽に紹介したと思う。

でも今日はそういった技術者ではないし、本も普段そんなに読まないようだった。

後になって、自分の場合はこうだったんだけれど、この本を読んでこうしたら、こう良い方向に向かいました。的な簡単な文章と、書籍の URL を貼ってメールを送ろうというところまで行って、ふと考えた。

自分は単に、もしかしたらこの情報が役立つのかもしれないと思ってメールを送ろうとしているんだけど、これ送ってこられたら、興味無くても本を買わないといけなくなる?読まないといけなくなる?かもしれない。

とか、そういうことを考え始めてしまって、結局メールは送っていない。

これは、自分と相手の距離感が分かっているからなのか、分かっていないからなのか、もっと他に適切なやり方があるのか、とか。色々と頭の中を回っているものがあるんだけれど、もやもやだけが残る。正直なところ面倒になってきた。

そういうわけで、このもやもやの塊をただブログに置くことで、とりあえず身軽になろう。仕事をしなければならん。