読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常

ケ・セラ・セラ

SCRUM BOOT CAMP THE BOOK メモ

book

Scrum はフレームワーク

Scrum はアジャイル開発手法のひとつ

プロダクトバックログ

p24 プロダクトオーナー

スプリント期間は固定する

Scrum ではロールの兼任は禁止されていない p53 でも兼任すべきじゃないこともある。

スプリント毎に終わらせられるポイント数はベロシティと呼ばれる。 ベロシティは決めるものではなくて測るもの。

タイムボックスを守る。制限時間内に終わらなかったものは次のタイムボックスに回すだけ。期限が来ればその作業は中断し、次のスプリントで再びやるかどうかから考え直す。

プロダクトバックログの項目の並び順はすぐに入れ替え出来るようにしておこう。たとえばこの項目は大きくて今回は終わらせられないのでその下の小さい項目をやってもいいですか?で入れ替えができるぐらいの順序でよい。

実はプロダクトバックログは空っぽにはならない。プロジェクトが終わるか続くかは別として、少しでも良くしていこうとするのが Scram の原動力。もし誰も追記しなくなったらそれは良くない兆候。

p163 デイリースクラム

安定していないベロシティは予測には使えない。

p244 鶏と豚の例え話

本来はリリーススプリントがなくてもいいようにしていく

p276 理解を深めるために読んでほしい文献

p277 ボクくんが気づいた大切なこと